DB雑記になりつつある雑記

記事は一度アップしてから修正したり加筆したりしてる事があるよ。

読了メモ

読書は2冊読了。

しんどくてあんまり読めていない。

f:id:yome-ha-bianca:20180301134406j:plain

https://www.amazon.co.jp/dp/4422100998

f:id:yome-ha-bianca:20180301134519j:plain

https://www.amazon.co.jp/dp/442210098X

 

旧版の方が読みやすいというレビューがあったので

古本で手に入れた。(画像とリンクは新版)

今回から二度読み返す必要がないように、赤鉛筆で

重要な箇所に線を引いて、最後まで読んだら赤鉛筆のところを

ノートにまとめる、という読書方法に。

以前読んだ本多先生の読書方法を真似る。

 

家族、友人、仕事の人間関係でのストレスの発散方法、

上手く人付き合いをするためのヒントを、著者の膨大な知識と実践例、

身近な人から歴史の人物たちの例を挙げて提示してくれる

評判通りの良書でした。

ストレスは早死するだけ。病気になるだけ。ほんとそれ。

 

書かれた年代がかなり古いから、例えや挙がる人物が古かったりするけど

内容は全然古くなくて現代でも十分通用するし、

結婚生活が上手くいくための教訓なんかは

夫婦生活が上手くいっていない人にはとても為になると思う。

金目的で近づいて結婚した男がだんだん聴き上手な嫁にデレデレになる話は

旦那の悪口ばっか言ってる人に読ませたくなるくらいほっこりした。

 

面白かったのが、

この著者もアレな言動で失敗したエピソードが出てきて笑えるけど、

人の扱いがものすごく上手かったというリンカーンが、

若いころは煽り好きで、いろいろなキチエピソードに爆笑。

ある時ついに相手を本気でブチ切れさせて

決闘(文字通り命のやりとり)を申し込まれる話がかなり笑えた。

実際こんなことが起こったら笑えないけどw

子供の時リンカーンの伝記を読んだことあったけど

子供向けだったからだろうけど、そんなエピソード載ってなかったもんな。(笑)

偉人も人の子だというのが解るし、こうやって失敗を重ねて

成功していったんだなーと知ると親近感が湧く。

 

リンカーンの唯一の不幸は暗殺されたことではなく

癇癪持ちで口うるさい嫁を持ったこと、とか、

この二冊にやたらとリンカーンの話が出てくるから

リンカーンについての本を読みたくなってくる。(笑)