雑記

タイトル通り。

お茶。

f:id:yome-ha-bianca:20170816235806j:plain

アトピーとかアレルギー対策に

ルイボスティーを飲み始めて半年くらい?

 

効果はさっぱり感じられなかったけど、

味が好みなので飲み続けていた所、

最近びわの葉茶もアトピー、アレルギーに良いと聴いて

ルイボスティーとブレンドして飲み始めたんですが。

 

飲み始めて一日目で、体の痒みや4、5年患ってる

持病の慢性蕁麻疹が出にくくなったことをすぐ実感できて

びっくりした。なんだこれ。

蕁麻疹の薬飲まないと一日過ごせないのが

薬飲まなくてもほぼ過ごせる。

 

以前読んだとあるボクサー関係の本に

びわの葉治療の話があって、ちょっと興味持ってたんだけど

(そっちは鍼灸だけど)すごいなびわの葉。ちょっとビビった。

ステマみたいだからどこのメーカーの飲んでるかは伏せる(笑)。

 

あとここ数年食事中に血糖値がぐっと上がって

ふっと睡魔が襲う感じが気持ち悪くて困ってたけど、

びわの葉は血糖値上昇も緩やかにするらしくて

そっちも期待込めて飲み続けてみよう。

 

びわの葉とかびわにアレルギーあるみたいなので

毎日飲むのはよくないかもしれんけど

火を通したお茶だからたぶん大丈夫かな?

東野圭吾読了メモ(ちょっと追加と修正)

ナミヤ雑貨店の奇蹟

手紙

白夜行

秘密

 

読んだ順に自分の中の評価良かったというのがちょっと面白い。

やっぱりナミヤ雑貨店は凄い良かった。

まったく裏のあらすじ読まずに買ったけど当たりだった。

こういう希望のある明るい話はいいな。

 

手紙はラスト2Pがもう胸が痛い。辛い。

 

白夜行はラストがちょっとあっけなすぎたかな。

あとは性的描写が多すぎた。幾ら物語の核心とはいえ

これだけあるとちょっとな。

 

秘密は読んで後悔した…。

救われない話だわ、未遂とはいえ、近○○姦に近いことするわ、

読んでていろいろドン引き。

主人公の嫁が終始頭おかしい…。

娘の事をまったく考えてない夫婦の会話が本当に気持ち悪い…。

途中で読むのを止めようかと思ったレベル。

ガマンして読んだけど酷い話だこれ。

 

あと気になったのは娘の設定というか

言動がコロコロ変わってるのが気になった。

小5にもなっても必ず手をつないで外歩くくらい仲がいい

とか書いてあるくせに、別のページでは最近めちゃくちゃ冷たいとか、

別のページだと食事の時にいつも楽しく会話するのが楽しみ

とか書いてあったり…。

 

ていうか、ナミヤ雑貨店の時から薄々感じていたけど

この作者さん、ぜったいロ○○ンだよね…。毎回美少女出てくるし、

書き方がなんかすごい気持ち悪いんだよな…(笑)。

なんか、少女を凄い神格化してるというか、夢見すぎというか…(笑)。

秘密はもう、そういう作者の夢がてんこ盛りって感じで

ひたすら気持ち悪かった…。

小5の娘と未だに一緒に風呂入ってるとか、

会社の同僚たちが、娘(中学生くらい)がもう一緒に風呂入ってくれないと嘆く、

とかそんな会話は本当に引くわ…。

幾つになっても一緒に父親と風呂入る娘って超レアケースでいるらしいけど

本当に超レアケースだっつーの…

 

この作家の書く女は男に都合のいい設定ばかり、

って批評している人いるけどすごく解る(笑)。

 

クセのない文は読みやすいし、怒涛の伏線回収なんかは凄いけど

秘密が本当に気持ち悪すぎて次の作品に手が伸びにくくなってしまった(笑)。

次読むなら何読もうかな…。

間違えた…

村上春樹訳のキャッチャー・イン・ザ・ライ

通販で文庫版買ったつもりがハードカバー版だった…。

持ち運びしづらいし困ったな…(;´Д`)

この間読み終わった本も後日ここに忘れずメモしとこ。

掃除してもまた物が増える。

f:id:yome-ha-bianca:20170808180527j:plain

この歳になって、着々と増える我が家のDQグッズ…

ttp://vjump.shueisha.co.jp/news/n01_20170519_01.html

↑この企画で手に入れたやつです。

さっそく飾りました。鳥山先生全盛期のイラストはやっぱり良い。

 

4と6は色味文句なしなのですけど5がなぜかちょっと色が薄いですね…?

原画が経年劣化で色が飛んだとか?

いやでも5の時代はもう鳥山先生はカラーインク使ってるし

カラーインクってそんな経年劣化するかなぁ…?

主人公の足元の影の紫色なんて飛んでしまっているし。

 

ロト三部作の方は手に入れてなかったので、

こうやって飾るとやっぱ買っておけばよかったなーと思ったり。

 

額の下部に発売日の日付が刻印されていますが

5は発売日が3回くらい変わったんでしたっけね。

開発途中でメインプログラマー等が半数くらいごっそり引き抜かれたとかで…。

 

 

f:id:yome-ha-bianca:20170808182231j:plain

他にも、今更になってこれを読みました。

青年時代前半ラスト~後半の始まる前の空白期間のお話し。

 

嫁の出番が少ないと聴いていたので手を出していなかったんですが、

とあるサイトで嫁と主人公の一コマを観た時に、胸がキュンキュン(笑)して

これは買うしかねぇ…!と急いで購入。

 

てっきりこの作者さんって私の嫁じゃないほうの嫁派だと思ってたので

こんな嫁推し内容の漫画描かれたことに驚きでしたね。

ご本人談によると、どっちも好きだそうですね。

(連載中、嫁じゃない方の嫁派の人から苦情が寄せられたらしい…w)

一応嫁じゃない方の嫁も出番があるんですけどね。

 

肝心の内容ですが、すっごい良かったです。

子供描くのがすごく上手いですよねこの作家さん。

オリジナル設定とかオリキャラなんかも

原作のイメージを壊すことなく話を盛り上げていたと思います。

外伝の嫁が道中、妊娠発覚するストーリーなんか最高でしたよね…

嫁はほんとかわいいなぁ…うふふ…。

 

ところでこの作者さん、カードキャプターさ○らが好きなのかな

と思った。

王女や王子の衣装がほぼ毎回違うんですけど

王女がすっごいさ○らっぽいというか…w

さ○ら自体、読んだことないから何となくそう思っただけなんですけどね。

柴田亜美先生のビアンカ

f:id:yome-ha-bianca:20170807202042j:plain

今日は割と貴重(?)なものをアップしようかなと。

 

DQ四コマ漫画劇場”というDQ四コマ漫画本(身もふたもない説明)が

昔ありましたが、

勢いがあったのは柴田先生、衛藤先生あたりが描かれていた

DQ4時代だと個人的に思ってるのですが、

DQ5が出た辺りでその辺りの先生たちが抜けちゃったんですよね。

 

DQ6の情報目的で少年ガンガンを一年か二年間くらい

購入していた時期があったのですが、

新しく発売される柴田先生の画集に

新規描き下ろしDQ4コマ収録!って告知を見つけまして。

 

当時これはもしかしたら、四コマ本本編で拝めなかった

DQ5ネタが読めるのではないか?!と

当時期待していたのですが、

本屋でまったく見かけなかったので

そのまま○十年も存在を忘れていたのですが、

つい先日ふと思い出しまして、古本でついに発見!

 

嫁ネタあるかな~と、恐る恐るページをめくったら、

いたー!!!(喜)

画像は小さいコマしか載せていませんが、

この下のコマでは嫁のアップが…!!!

おおぅ…柴田先生のビアンカ、切れ長の目でうつくしい……(惚)

 

ネタは主人公(ニセお父さんといった所か(笑))が相当ヘンで

息子がそんな変な父をめっちゃ嫌ってるって感じのネタが3本あって

どれも笑いましたw

ビアンカもおかしいw

 

他に定番のニセ勇者(3&4)もあって

凄い懐かしい気持ちになりつつ笑わせていただきました。

本当に、あの頃の四コマ本は面白かったよなぁ。

10巻辺りまでは買ってましたが、

以降は下の弟が買っていたのを惰性で読んでましたねぇ…。

絵は可愛いけどネタは普通…といった作家さんばかりで

パンチがなかったよなぁ。

そんな中、一人異彩を放っていた坂本太郎先生めっちゃ好きでした(笑)。

 

Amazon CAPTCHA

↑今回紹介した本はコチラ。

興味ある人は是非。

DQ11その2

f:id:yome-ha-bianca:20170806211814j:plain

DQ11面白くて色々他の事が手につかないw

何年ぶりだろうか。夢中にゲームやるなんて。

 

キャラはみんな良い感じですが、

一番注目していたオネエ(笑)がやっぱりダントツで

いいキャラしてますね。

某イベントは本当にお腹痛くなるくらい笑ったし、

その後覚えたスキルも、オネーサンが今回それ使うのかよ!

って感じで(笑)。

いい話のイベントなのに笑えるという。

 

今50時間くらいプレイしてるみたいなんだけど

あとどれくらいでクリアできるのかな。

 

あと今回、DQ5のアレンジ音楽がよく使われてますね。

"聖"(ひじり※5の修道院とかほこらで流れる曲)が一番好きだったので

この曲流れた時は鳥肌立ちましたよね。

ほかにも6で一番好きだった"精霊の冠"も流れて嬉しかったですわ。

DQはこういう切ない系の曲が本当に綺麗だよなー。

 

画像は一番気に入ってるショット(笑)。

このシーンのふたりすごい可愛くて好き。

DQ11のこと

f:id:yome-ha-bianca:20170803001538j:plain

DQはでっかい画面でやりたい派でしたが、

もう新作の都度本体を買うのもお金が勿体なく感じ、

(大体そのゲーム専用機と化す)

今回は友人から3DSを譲り受けていたので

3DS版で遊んでおります。

 

前評判ではグラがしょぼいとか言われてましたが、

私的には3DS版の方がキャラクターが可愛く感じ、

実際遊んでみると本当にみんな可愛いんだよなー。

 

キャラクターのプロフィールとかも

今回まったく調べず知識0からプレイしてるんですが

一応今のところゲームの進行上問題なく4割くらい進められました。

 

ベロニカの正体(?)は、そういうことだったのかー!

って感じで笑いました。

この生意気さ、DQヒロインらしくていいよなーw

今回女キャラ3人いるし、この子がヒロインではないんだろうけど。

 

キャラのちょっとした仕草やモーションいいですね。

カミュがさそうおどりに釣られた時のモーションウケたw

走るベロニカのモーションなんか、アラレちゃんみたいに

キーン!て走って凄いカワイイ。

 

オネェの人が仲間になって、誰を戦闘に出すか非常に悩む。

全員一緒に戦いたい!

 

そんなこんなで、

DQ11とても楽しんでおります。

やっぱりDQはいいなー。