DB雑記になりつつある雑記

記事は一度アップしてから修正したり加筆したりしてる事があるよ。

オタク特有の長文によるDB超・漫画版感想():その①(加筆修正済

タイトル通り。

アニメのDVD観てたんですが、長すぎてちょっとしんどいなーってことで

漫画版(鳥山原案・作画とよたろう)に手を出してみました。

 

 

とりま事前情報として

・アニメより展開が速い(映画の焼き直し回が無い)

・悟空がアニメよりは強キャラで描かれている(アニメはほとんど負けているらしい)

・鳥山先生から直接指示や修正を受けているのでアニメより鳥山色が強い

 というのは把握済み。

 

アニメと漫画は鳥山先生のプロットを元にそれぞれが解釈して作っているそうで

『未来トランクス編』というエピソードからはアニメと漫画で展開が違うんだとか。

 

アニメの鈍足展開、悟空がとにかく弱い事に不満を持っている人からすると

漫画版はとても素晴らしいと好評だったのですが、いかんせん

悟空好き&孫家好きには超絶地雷だと言われてまして。

※アニメも地雷だが漫画はさらに地雷らしい。その②で触れる。

先にアニメから入ろうと思ったんですけど、映画の焼き直しの話が続くもんだから

正直観ていて苦行だったので、思い切って漫画を買いました。(現在6巻まで出ている)

 

※加筆部分※

最初はアニメが先にスタートしていたようで、漫画の最初の方は

なんだかアニメのダイジェスト版みたいな感じ。

なんというか、駆け足で物語が進んで、うーん、って感じ。

そして始まる悪名高い『未来トランクス編』。

※ここまで※

 

 

 

『未来トランクス編の最後(オチ)は超絶に胸糞悪い最低な話』

というのも事前に聴いていたので、ある程度覚悟して読み進めたんですけど…。

 

ざっとあらすじを言うと、

原作本編で無事人造人間やセルも倒して平和な世界を取り戻したトランクス。

しかしふたたび人類滅亡の危機に。

突然悟空そっくりの正体不明の男・通称ゴクウブラックに

次々に人々は殺され、世界は破壊され、人造人間編以上の凄惨たる世界に。

立ち向かうトランクスだがまったく歯が立たず、そんな中ブルマが殺されてしまう。

トランクスは命辛々、タイムマシンを使い

再び現代の悟空たちに助けを求めてやってくる…

というのが物語の始まり部分。

 

ゴクウブラックの正体についてあれこれ考察されたり、

アニメでこのエピソードが始まった時は視聴率もアップして

けっこう盛り上がっていたみたいですが、

その正体が判明するとガッカリした人が多かったり、悟空の頭の悪さ、

そして最後のとんでもオチで見限った人も多いとかどーとか。

 

読んでみて、確かに途中までは面白いんですよ。

漫画版は割とすぐゴクウブラックの正体が判明するんですが、

個人的にはそこまでガッカリ感はなかったけど、まあでもネットで考察されていた

闇落ち悟天だったら面白かったのかもなー(笑)。

闇落ち悟天ってなかなかのパワーワードだけどさ。(笑)

アニメだとゴクウブラックが心臓をおさえる意味深なポーズが何度もあったらしく

悟空が心臓病で死ぬ世界線の体が誰かに乗っ取られたんじゃないか、とか

言われてたみたいで。

 

どんどん強くなって手に負えなくなってくるブラックはボスの風格があったし

魔封波で封じようとしたり、原作で一度しか登場しなかったベジット

(悟空とベジータの合体技)で闘ったりと、闘いの工夫もみられて

ここまではなかなか面白かった。

その後が本当に最悪。いや、その間も、は?って所はあったけど。

 

んでオチがコレ。

人類は全てブラックどもに殺され全滅。

悟空やベジータは何度も倒せるチャンスがありながら舐めプや凡ミスを繰り返し、

とうとう闘いを放棄して、全王という便利キャラ

(メアリー・スー概念とでも言おうか。意味解らん人はメアリー・スーでググって)

のチート能力に頼って、敵もろとも世界というか宇宙ごと何もかも消滅させて終わり。

 

しかも何故か登場人物たちは悲観することなく、悟空たちの世界線に戻り

何故かハッピーエンドだとでも言いたげな脳内お花畑でディナーを楽しむ。

いちゃつくベジータとブルマ。トランクスとマイ。なんだこれ。

なんか、ちょっといい話に終わったみたいな感じになってんだけど

まったく良い話じゃねーから。

おいトランクス、おまえかーちゃん死んだまんまやし、帰る世界消えたんやぞ…。

ええんかこれ…。

開いた口が塞がらない。すさまじい胸糞の悪い話。

原作で平和になった世界を、

「お前のそのふざけた幻想をブチ殺す」とでも言わんかのオチで終わる。

何のために、誰のために作ったのこんな話…。

 

おまけの、本編の補足的な漫画が2本ほど載ってたんだが、

こちらも負けず劣らず、どんな精神状態でこんなまったく笑えない話描けるのかと

本気で戦慄した。

ギャグのつもり…?人の不幸を笑うなんてできませんよ…。

 

6巻は次のエピソードが始まってるんだけど、正直この先手が出し辛いので

このままアニメ視聴も漫画購読もやめようかと思ってしまう…。

その②で書くけど、話も酷けりゃ登場人物も酷い。

みんなキャラが違う…。

本当にいったい、公式はどうしてしまったのか。

 

 

「原作の悟空たちが、超の悟空たちに殴り込みに行く面白い漫画がある」

というネットの評判を聴いて調べて読んだんだけど、素晴らしくて泣けた。

これですよ、これが本来の悟空たちですよ……。

ついったーでドラゴンボール超 最終回 漫画」で検索してみてください。

作者さんありがとう、ありがとう……。

ブロリーとゆかいな蟹頭たち

f:id:yome-ha-bianca:20180715143240j:plain

ついったぁの名前をブログ名に変えるの

めんどくさいからもうこのままでいいやw

 

悟空とブロリー(映画の新衣装)とゴクウブラック。

映画ならブラックじゃなくてベジータ描けよ

って思われるだろうけど

なんか色味的に赤っていうかピンクが欲しかったんや。

 

こういうシンプルな絵描いてみたかったのよね。

満足。

ついったぁにアップしたやつは悟空の右腕の長さと

ブラックの左腕の長さが気になったので

こっちは直しました。

ブラックの指の太さが左右の手で違うのはご愛嬌ってことで。

 

Wカカロットに挟まれて、ブロリー発狂しそうですね。腐☆腐

カカロットの追っかけ

f:id:yome-ha-bianca:20180712022926j:plain新作映画がまさかのブロリーとは。

ヤモシっていうサイヤ人(設定で、名前だけは以前から出ていた)が

出てくると思われていたからおったまげたわ。

 

ブロリストのみなさんは喜んでるみたいだけど

意外にも海外のファンは怒ってるみたいで。

理由はよくわかんないけど、

ファンに媚びて金儲けに走りすぎとかなんかそういう理由っぽい?

 

国内外でブロリーはめちゃ人気あるから

今回ブロリーの映画を作る事にした、と

鳥山先生のインタビュー読んだけど、

まあ確かにちょっとネットの意見に媚びすぎな気もするけど

映画を観ない限りは評価しようがないからなぁ。

 

っていうか本当にブウ編ラストあたりから鳥山先生のファンサービスは

すごいもんだ。

 

なんでもサイヤ人の歴史とフリーザ軍、

悟空、ベジータブロリーの生き残りのサイヤ人の過去の話と

出会いをやるそうなので、

楽しみではある!けど復活のFみたいな茶番戦闘はやめてほしいなぁ。

ビルス様とウイスがまた出てくるからねぇ。

楽しかったー!って言える映画にしてほしいなぁ。

あとはブロリーMADがまた盛り上がるのも楽しみにしている(笑)。

デフォルメ武道会

f:id:yome-ha-bianca:20180709190818j:plain素材使い回して今度はデフォルメ天下一武道会

対にしてピッコロさん描きたいなぁ。

天津飯とか、他のキャラも描きたいなぁ。

 

昔こういうデフォルメで悟空とピッコロが対峙してる絵があったんよね。

下敷き持ってた筈なのに、どこいったんだろう。

悟!チチ!!

f:id:yome-ha-bianca:20180708085028j:plain

やっと完成したわーい。

完成してから筋斗雲の線は赤茶のがよかったなーとか

今更思った。

 

今回はシンプルに塗りました。

背景描くつもりは全くしてなかたんだけど

やっぱり描かないとだめなんじゃないかなと

自分に圧力掛けた。

 

この頃の丸っこい線ほんと好き。

悟チチかわいいよ悟チチ。

よっしゃーっ!こいつが超ベジット!!

f:id:yome-ha-bianca:20180707095208j:plain悟空とベジータポタラ合体!

宇宙最強のおとーちゃん!その名はベジット

 

をうろ覚えで描いたら前髪の位置とか

デコの形を間違えてました。

 なのでこいつは紛い物ベジット!!

 

誰も聴いていないQ&A

Q:何故うろ覚えで描くのか?

A:あとで答え合わせして、どこまで合ってたかを確認して

一喜一憂するのが楽しいからです。